pinch
HEAVY FUNK SYSTEM 主宰
1988年頃活動を開始。
1996年に「大阪ラブジュース計画」に参加。当時すでに7インチでファンクをプレイするというスタイルを完成させていた。また、ジャズ〜ソウルからヒップホップまで全てのブラックミュージックに精通していて、最近は7インチを中心にUK風でもヒップホップでもない独自の解釈なファンクミュージックをプレイしている。若いヒップホップ、ブレイクビーツテクノ層の支持者も多く 数多くのジャンルでゲストプレイを行う。
映画「コフィー」のパンフレットにロイ・エアーズのディスコ・グラフィーの執筆等も手掛ける。オーサカ=モノレールの2ndアルバムのレコーディングにサウンド・アドバイザーとして全面協力した。
HEAVY FUNK SYSTEMの看板DJである。
izui
HEAVY FUNK SYSTEM 主宰
1996年「大阪ラヴジュース計画」のスタートとともにDJとしての活動を開始。パーティの企画からフライヤーの制作・サイトの制作、ミックステープのインデックスやノベルティのデザインなども手掛け、完全なインディペンデントを目指す。オーサカ=モノレールのステージ衣装のデザイン・制作も手掛けた。
DJを始める以前から音楽はファンクしか聴かず、特にアフロ・ブルース・ニューオーリンズなどを好んでプレイする。ファンク以外は全く興味なし。
私とDJ PINCHで、ごく身内で個人的楽しみのためにリアルな黒人音楽だけをプレイするパーティをやろうというのがこのイベントをはじめたきっかけです。レゲエのサウンド・システムのようにその音楽に最も適した音響設備で、一番気持ちいい状態で素晴らしい黒人音楽を聴かせたいというのが理想です。
hazel
1996年「大阪ラヴジュース計画」のスタートとともにDJとしての活動を開始。某黒人音楽専門の中古レコード店のオーナーであり、ファンク・ギタリストでもある。伝説のP-FUNK系バンドでの上半身裸にインディアンの羽飾りというスタイルでのギタープレイ、パーティでのフード関連の仕切りなど、お祭り部門での最重要人物である。青魂亭の店主も務める。
もちろん黒人音楽には精通しており、80'sファンクをプレイさせれば右に出るものはいない。
yoahida
メンバーの中でただ一人、ダブ・レゲエ・スカ・ロックステディに精通。60年代〜70年代にかけてのシングルのコレクションは膨大である。ほとんど情報のないこのジャンルですが、その知識の豊富さは凄いです。でもレコードは知識じゃなく匂いとかで探してるみたいです。勿論ファンクもがんがんプレイします。
ヘビファンが地方などに遠征する時のツアー・リーダー。青魂亭を支えているのも彼です。
africanstation
VISUAL PERFORMANCE

黒人音楽のパーティでまともにプレイできるVJがいないという状況から2002年に結成。従来のVJとは違いDJ的な感覚での「ネタ勝負」なわかりやすく、おもしろいものを提案するスタイルはHEAVY FUNK SYSTEM直系である。DJやパーティと完全に一体となったものを目指している。
VJだけではなく、パーティの映像・音源の記録やその素材を加工した作品の制作、VJへの再利用など、パーティ当日だけではなく完全にHEAVY FUNK SYSTEMとシンクロした活動をしている。
現在メンバー募集中。興味とやる気があって、黒人音楽が大好きであれば素人でも可。
hazel
VISUAL PERFORMANCE

CHOCOLATE CHIPSとAFRICAN STATIONはP-FUNKのパーラ/ファンカのようなものです。イメージとしてはこっちがファンカデリックでしょうか。スタイルやコンセプトもほぼ同じ、メンバーの何人かは重複もしていますが、いざ映像が出力されると全くの別モノです。ビジュアル・エフェクトとしてではなく、音楽としての映像を追求。こちらもHEAVY FUNK SYSTEM直系です。
大阪ラヴジュース計画
1996年 HEAVY FUNK SYSTEMの前身となるパーティ「大阪ラヴジュース計画」をスタート。当時はあまり無かったDJとバンドが対等な関係で、イベントを企画するというスタイル。あくまでクラブスタイルの中でバンドにも参加、協力を求め「バンドの演奏中のMCの禁止」「DJからバンド、バンドからDJへの交代の時も音を止めない」など今に繋がる試みがあった。ゲストも一晩中楽しみ続けて欲しいという気持ちから、これも当時見なかったクラブ内でのオリジナルフードの販売も開始した。 ゲストに満足してもらうには素晴らしい出演者のブッキングは勿論、スタッフや出演者のゲストに対するマナー、空き時間は接客するなどを徹底、気持ちよく楽しんで帰ってもらえるようにという事を一番に考え、実践していました。最大で400名を超える動員を記録したこのパーティも、敬愛するロジャー・トラウトマンの追悼イベントをもって発展を目的に最後にいたしました。
HEAVY FUNK SYSTEM
もっと純粋にファンクが聴けるパーティがしたいという気持ちからIZUIとPINCHが1998年、HEAVY FUNK SYSTEMをスタートする。
最初はDJが2人だけの小さなバーでのパーティだったが、バンドの参加、ゲストDJの参加、ダンスユニットの参加、フードの提供と次第に今の形に発展していく。
1998年 HEAVY FUNK SYSTMスタート。
1999年 JB'sの来日公演でオープニングDJを務める。このイベントがきっかけで以後オーサカ=モノレールがパーティで毎回ライブをすることになる。
2000年 小林径氏をゲストDJに迎える。
このパーティで理想とするファンクイベントの方向性が決まる。
2001年 再び小林径氏、神戸のノーザン・ソウルのパーティ「ヌードレストラン」からキタアキ氏をゲストDJに迎える。
2002年 ロイ・エアーズの来日公演でPINCHがオープニングDJを務める。
10回目を数えたパーティでUKのレアグルーヴ・マスター、ノーマン・ジェイ氏をゲストDJに迎える。
2003年 大阪以外で初となる仙台、広島での開催が実現する。
RHYMESTERのDJ JIN氏をゲストDJに迎える。
2005年 DEEPFUNKのケブ・ダージ氏をゲストDJに迎える。
かねてからの夢であった「入場無料」を決行。さすが大阪、過去最高の動員を記録。
東京DEEPFUNKのパーティSEARCHINGの黒田氏をゲストDJに迎える。
2006年 UKのバンド、ニューマスター・サウンズを迎える。
伝説のFUNK DIVA、マーヴァ・ホイットニーを迎える。